テクノロジー

たった数クリック!自動記事生成ツール『Cワード(通常版/EX)』の使い方&レビュー【共起語/SEO攻略】

f:id:caprico_360:20190125152205p:plain

あなたは記事が自動で完成したら嬉しいですか?

それも、たった数クリックで。

文章を書くのが苦手な方は当然嬉しいでしょうし、好きな方であっても毎日毎日数千~数万文字も書いていたら、正直疲れてしまいますよね。

しかも、書けば書くほど時間(もしくは外注費)をとられてしまいます…。

「いや、自分はどれだけ書いても疲れないし時間もたっぷりある!」

という方はこのページを読んでもあまり意味が無いと思いますので、ブラウザバックして頂いて構いません。

しかしながら、

「なるべく楽をしたい。自動で記事が作られるのであれば、詳細を知りたい」

という方は、読んでおくことをおすすめします。

このページでは

について知ることができます。

このページを読むべきなのは、下記に当てはまる方です。

  • 自動記事作成ソフトに興味がある
  • アフィリエイトを行っている(その予定がある)
  • サイトを沢山作っている(その予定がある)
  • 中古ドメインを使っている(その予定がある)

一つでも該当した方は、このまま↓へスクロールしてください。

そもそも、記事の作り方は3種類に分かれます。

自分で書く

他人(外注)に書いてもらう

自動ツールで作る

今回の『Cワード』は③になる訳ですが、正直な話、このソフトについては教えたくありませんでした。というか今もあまり教えたくないです。

何故なら、あまりに便利すぎるので…。

共起語文章作成ソフトは、中古ドメインを取得しサイトを量産するアフィリエイト(いわゆるブラックハットSEOの一種)を行うアフィリエイターであれば、絶対に持っていた方がいいツールであり、一度使うと二度と手放す気にならないくらい有用です。

ただ、色々な方と話していくなかで、中古ドメインを運用もしくは沢山のサイトを作っているにも関わらずこのツールの存在を知らない方が結構いることを知りました。

その方たちは全ての記事を自分書いている、もしくは外注にお金を払って記事を書いてもらっていると聞き、

どうして、時間とお金を無駄にしてるの?

と衝撃を受けたんです。

「え?もったいないでしょ、それ…」と。

もちろん私も自分で記事を書いていますし、外注へ依頼することもあります。が、共起語文章作成ソフトを使うことにより、その割合をだいぶ減らすことができるんです。

つまり、時間とお金を節約できるんです。

今回はその辺りのことを掘り下げてお伝えしていきます。

Cワードの公式サイトにも詳細な説明が載っているので、気になる方はチェックしてみてください。

\ 公式サイトをチェック! /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

ちなみに、サイト作る前に「商材選定」ってどうやるの…?という悩みをもっている方には、ラクに商材選定が可能なA-HACHI Search(エーハチ・サーチ)をおすすめします。

A8.net に星の数ほどある商材のなかから、EPC50以上の商材を自動で見つけてきてくれますから、なるべく効率的に稼ぎたい方は試してみる価値ありです。

公式サイト⇒【バカ売れ商品発掘ツール】A-HACHI Search(エーハチ・サーチ)

アフィリエイト・サイト運営を成功させたい方向け

【厳選おすすめ】直ちに登録すべきアフィリエイトASP一覧
自動記事生成ツール『Cワード(通常版/EX)』の使い方&レビュー
WPテーマはここから選べ!おすすめテンプレート9選
A8.netの動画アフィリエイト『ViiBee(ビービー)』とは?
初心者でも超簡単!『バナープラス』でプロっぽいバナー&ヘッダーを作成

たった数クリック!自動記事生成ツール『Cワード(通常版/EX)』の使い方&レビュー【共起語/SEO攻略】

共起語文章作成ソフト@Cワードとは①

Cワードは、上位サイトのキーワード構造をトレースし、共起語・キーワード比率を自由に調節した文章(記事)を自動で生成するソフトです。

もう少し噛み砕いて説明します。

※「バッチリ理解できた!」という方は「使い方」まで飛んでOKです

共起語とは?

まずは「共起語」について。

共起語とは、「あるキーワードに関する文章を書いた際、一緒に利用される頻度の高い言葉」のこと。

例えば「ラーメン」というキーワードが出てくる文章には、「美味しい・不味い・お店・口コミ・グルメ・金額・場所」などの言葉が出てくる頻度が高いですよね。

「動物園」というキーワードが出てくる文章には、「スポット・イベント・デート・地図・観光・人気・〇〇(動物名)」などの言葉を利用することが多いでしょう。

このように、主題となるキーワードに関する文章において、そのキーワードと密接な繋がりがあり、頻繁に利用される言葉を、共起語と呼びます。

とあるキーワードに関する記事を書いた時、記事のなかに共起語を多く含ませるとGoogle検索において上位表示されやすいため、SEO攻略において共起語対策は欠かせない存在なんです。

そしてCワードは、SEOに効果的である共起語を、上位表示されているサイトと同等以上に含ませた文章を作成する機能を持っています。

\ 詳細を公式サイトで確認 /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

共起語文章作成ソフト@Cワードとは②

Cワードは、上位サイトのキーワード構造をトレースし、共起語・キーワード比率を自由に調節した文章(記事)を自動で生成するソフトです。

と先ほど記載しましたが、これを簡単な言葉に言い換えて説明すると、

とあるキーワードでGoogle検索をした時に、上位表示されているサイトで使われているキーワードや共起語を、そのサイトより沢山(調節可能)使って、自動で文章を作ってくれるツール。しかも、数クリックで。

となるでしょうか。

次項では、Cワードの実際の使い方(操作・利用方法)を詳しく解説します。

共起語文章作成ソフト@Cワードの操作方法・使い方

今回は、例として「Cワード」を狙っているキーワードということにします。

・まず、Googleで「Cワード」を検索

公式サイト(http://c-word.biz/)が上位にいるので、ここを参考にさせて頂きましょう(上位サイトのうち、説明がより多く載っているページを選んでください)

・公式サイトのURL(http://c-word.biz/)をコピーしてSEOチェキにアクセス

f:id:caprico_360:20190126154008j:plain

「キーワード出現率」をクリック⇒URLを貼り付け⇒「チェック!」をクリックします

すると、そのサイトで使われているキーワード・回数・比率が出てきます。上から下まで全てコピーしてください

f:id:caprico_360:20190126154038j:plain

 ※下までズラーっと続いているものを全てコピー 

・続いて、公式サイトからダウンロードしたCワードを開きます

「キーワード・回数入力」をクリック⇒左側に出てきた枠のなかに、先ほどコピーしたものを貼り付け

f:id:caprico_360:20190126154055j:plain

「キーワードに貼付」⇒「1列目」⇒「決定(上書き)」⇒「出現回数に貼付」⇒「2列目」⇒「決定(上書き)」

f:id:caprico_360:20190126154243j:plain

上記の通りに操作すればキーワードと回数が左の枠に貼り付けられるので、あとは「最適化」「重複削除」をクリックし、最終的にそのキーワードで良いかどうか目視確認

OKであれば「決定」⇒右の枠にキーワード&出現回数が表示⇒「共起語文章生成」

f:id:caprico_360:20190126154337j:plain

これで完了。

すぐに1万字以上の文章が生成され、テキストとして吐き出されます。

利用者のPC環境にも依るでしょうけど、私の場合は毎回1秒くらい(1秒もかかってるかな?)という速さで生成されていますね。

ちなみに、実際に操作すれば分かりますが、参考にするサイトさえ決まっていれば、この作業自体にかかる時間は1分くらい。

1分で17067文字が出来上がりました。

そして、いまの作業で実際に作成された文章が下記となります。

————-Cワード記事ここから————-

ちょっと愚痴です。私の兄(けっこうオッサン)って共起語に強烈にハマり込んでいて困ってます。キーワードにどれだけ給料を貢いできたことか。おまけにCワードのことばかり話すので、そばにいるのもうるさい感じ。文章は以前はやっていたそうですけど、いまみたいになってからは全くしないそうです。含んも手の施しようがなく、傍目から見てもこれは、キーワードとかぜったい無理そうって思いました。ホント。共起語にどれだけ時間とお金を費やしたって、作成には見返りがあるわけないですよね。なのに、キーワードがなければオレじゃないとまで言うのは、ソフトとしてやるせない気分になってしまいます。いつも行く地下のフードマーケットで出の実物を初めて見ました。Cワードが凍結状態というのは、興味としてどうなのと思いましたが、共起語と比べたって遜色のない美味しさでした。サイトを長く維持できるのと、キーワードの食感が舌の上に残り、比率に留まらず、共起語にも手を出していました。ぜったいハマりますよ。共起語はどちらかというと弱いので、共起語になるのは分かっていたのですが、それだけ美味しかったんですよ。
ちょっと前まで、食品への異物混入というキーワードが共起語になっていましたが、ようやく落ち着いてきたように思います。サイトを止めざるを得なかった例の製品でさえ、Cワードで大いに話題になって、あれじゃ宣伝ですよね。しかし、含んが変わりましたと言われても、共起語がコンニチハしていたことを思うと、Cワードは他に選択肢がなくても買いません。ありだなんて、たとえちょっとでも無理ですよ。キーワードのファンは喜びを隠し切れないようですが、Cワード入りの過去は問わないのでしょうか。興味の価値は私にはわからないです。
いつも思うのですが、大抵のものって、Cワードなどで買ってくるよりも、文章が揃うのなら、ありで時間と手間をかけて作る方があれが安くつくと思うんです。文章のほうと比べれば、含んが下がるのはご愛嬌で、共起語の好きなように、サイトを加減することができるのが良いですね。でも、キーワードことを優先する場合は、キーワードは市販品には負けるでしょう。
まだ部屋は決まっていないのですが、引っ越したら、文章を買いたいですね。ソフトを変えると室内のイメージがガラリと変わりますし、Cワードなどによる差もあると思います。ですから、酵素選びには、部屋や家全体のイメージをきちんと持って臨みたいものです。共起語の材質は美しさだけでなく機能にもつながるのですが、含んは耐光性や色持ちに優れているということで、文章製にして、横からの外光が入らないよう、横幅は窓より20センチずつ多めにしました。共起語でもいいかなんて弱気な気持ちで選ぶと、あとでガッカリしませんか。サイトでは値段以上の価値は得にくいでしょうし、ずっとその部屋で過ごすのですから、キーワードにしました。高級志向にふるかどうかは人それぞれですが、日常の生活に、ある程度の上質さを求める人にはお勧めですよ。
この頃どうにかこうにかCワードが普及してきたという実感があります。ソフトも無関係とは言えないですね。いっは供給元がコケると、Cワード自体が役に立たなくなるというデメリットもありますし、上位と比較してそんなにお得感がなかったこともあり、比率を導入するのは少数でした。興味なら、そのデメリットもカバーできますし、共起語を上手に使うと案外安くつくことが広まってきて、ソフトの導入に踏み切るのが気楽になったのだと思います。共起語が使いやすく、いまはもっと改良したものも出ているようです。
ものを表現する方法や手段というものには、SEOがあるように思います。文章は古くて野暮な感じが拭えないですし、関連だと新鮮さを感じます。文章だからといっても世の中に氾濫し、模倣が生まれるたびに、ソフトになってしまうのは表現への侵略のようにすら見えます。Cワードを糾弾するつもりはありませんが、キーワードことで陳腐化する速度は増すでしょうね。酵素特徴のある存在感を兼ね備え、文章の見込みがたつ場合もありますが、どのみち、ダイエットは誰の目から見てもすぐわかるでしょうね。
視聴率低迷の映像業界では珍しく高い視聴率を誇るというCワードを観たら、出演しているソフトがいいなあと思い始めました。共起語にも出ていましたよね。上品でウィットに富んだ人だとソフトを抱いたものですが、ソフトというゴシップ報道があったり、キーワードと別れるまでとそれ以後の経緯を追いかけていく間に、関連への関心は冷めてしまい、それどころかサイトになってしまい、最近はウェブトピでも見ません。ソフトですから、電話以外のベストな方法で別れ話をするべきでしたね。Cワードに悪いとは感じなかったのか、その神経を疑います。
昨年はつきあい始めで渡せなかったので、今年は恋人の誕生日に文章をプレゼントしちゃいました。含んにするか、酵素が良いかもと迷いつつ、とりあえず保留し、Cワードをふらふらしたり、文章に出かけてみたり、文章のほうへも足を運んだんですけど、上位というのが一番という感じに収まりました。キーワードにすれば簡単ですが、Cワードってすごく大事にしたいほうなので、含んで良かったし、相手にも喜んでもらえて何よりでした。
真夏ともなれば、キーワードを行うところも多く、上位が集まるのはすてきだなと思います。作成がそれだけたくさんいるということは、共起語がきっかけになって大変なサイトに結びつくこともあるのですから、キーワードの苦労や気遣いは並大抵のものではないでしょう。Cワードで事故が起きてしまったというのは、時折見かけますし、サイトが暗転した思い出というのは、共起語にとって悲しいことでしょう。パクるの影響も受けますから、本当に大変です。
自分の性格だと美容だけだと飽きちゃうだろうと思ったので、健康な体作りも兼ね、ソフトにトライしてみることにしました。共起語をして数歳若返ったような感じになった人がテレビで紹介されてましたので、文章って結構効くんじゃないかなと思ったのがきっかけです。Cワードのような年齢知らずの肌やボディが理想ですが、共起語の違いというのは無視できないですし、キーワード程度で充分だと考えています。共起語だけではなく、食事も気をつけていますから、上位が締まったのか、若い頃みたいに皮膚にハリが出てきて、それからみるみる効果が出ました。Cワードなども購入して、基礎は充実してきました。文章を目指すのもいまでは夢じゃないんですよ。まだまだ続けます。
もし無人島に流されるとしたら、私は共起語をぜひ持ってきたいです。文章もいいですが、文章のほうが現実的に役立つように思いますし、サイトはおそらく私の手に余ると思うので、上位を持っていくという案はナシです。上位が良いという人はそれでいいと思いますが、私の考えとしては、共起語があるとずっと実用的だと思いますし、サイトという手もあるじゃないですか。だから、ソフトを選ぶのもありだと思いますし、思い切ってソフトでいいのではないでしょうか。
実家の近所にはリーズナブルでおいしい共起語があって、たびたび通っています。共起語から見るとちょっと狭い気がしますが、作成に行くと座席がけっこうあって、キーワードの落ち着いた雰囲気も良いですし、共起語も味覚に合っているようです。文章もとてもおいしいので、友人を連れて行ったりするのですが、共起語が強いて言えば難点でしょうか。共起語が良くなれば最高の店なんですが、作成というのは好き嫌いが分かれるところですから、共起語が好きな人もいるので、なんとも言えません。
目移りしやすい私が、いきなり深みにはまっているのがCワードのことでしょう。もともと、Cワードだって気にはしていたんですよ。で、共起語って結構いいのではと考えるようになり、Cワードの良さというのを認識するに至ったのです。ソフトみたいなのってあると思うんです。たとえば、前にすごいブームを起こしたものが比率を皮切りにリバイバル的に人気が沸騰するというのは、よくあることだと思いませんか。文章も同じ。古い時代の宝石がいまでも宝石であるように、不変のゴールデンルールというのはあるはずです。サイトなどの改変は新風を入れるというより、共起語みたいな残念な改変になってしまうこともありますから、文章の制作グループの人たちには勉強してほしいものです。
先日友人にも言ったんですけど、作成が憂鬱で困っているんです。Cワードのころは楽しみで待ち遠しかったのに、ソフトになったとたん、キーワードの準備その他もろもろが嫌なんです。ソフトといってもグズられるし、含んだという現実もあり、ソフトしてしまって、自分でもイヤになります。作成は私一人に限らないですし、Cワードなんかも昔はそう思ったんでしょう。サイトもいつかそう思うという繰り返しなのでしょうね。
朝起きるのがつらくても、とりあえず支度をして家を出たら、会社に着く前に共起語で一杯のコーヒーを飲むことがCワードの愉しみになってもう久しいです。共起語のコーヒー?たかがしれてるじゃんと先入観を持っていたのですが、キーワードに薦められてなんとなく試してみたら、上位もあるし、短時間で淹れたてが飲めるし、文章の方もすごく良いと思ったので、作成愛好者の仲間入りをしました。文章がこんなハイレベルなコーヒーを提供していたら、一緒になどにとっては厳しいでしょうね。ソフトは別のニーズをカバーしているのかもしれませんが、大きな脅威であることは明らかです。
導眠剤のせいかどうも朝起きることができなくて、上位にゴミを捨てています。量はともかく頻度は多いです。共起語を無視するのは自分でもどうかと思うのですが、しを狭い室内に置いておくと、Cワードにがまんできなくなって、比率と思いつつ、人がいないのを見計らってキーワードを続け、いまは慣れつつあります。そのかわりにありという点と、比率ということは以前から気を遣っています。共起語がいたずらすると後が大変ですし、上位のは絶対に避けたいので、当然です。
生まれ変わるときに選べるとしたら、ソフトがいいと思っている人が多いのだそうです。文章もどちらかといえばそうですから、共起語というのはナルホドと思いますよ。とはいえ、サイトに両手を挙げて満足しているとは言いませんが、共起語と感じたとしても、どのみちいっがないわけですから、消極的なYESです。サイトは最高ですし、上位はまたとないですから、キーワードだけしか思い浮かびません。でも、共起語が変わるとかだったら更に良いです。
会社に出勤する前のわずかな時間ですが、比率で朝カフェするのが共起語の楽しみになっています。Cワードがコーヒー売ってどうすんだぐらいに考えていましたが、Cワードがよく飲んでいるので試してみたら、キーワードもあるし、短時間で淹れたてが飲めるし、共起語もすごく良いと感じたので、作成愛好者の仲間入りをしました。Cワードが高品質なコーヒーの提供を始めたせいで、ありとかは苦戦するかもしれませんね。Cワードは別のニーズをカバーしているのかもしれませんが、大きな脅威であることは明らかです。
普段あまりスポーツをしない私ですが、上位は好きだし、面白いと思っています。比率だと個々の選手のプレーが際立ちますが、上位だと連携が不可欠ですから試合ごとに不確定要素が強く、出を見るとトイレに立つ時間も惜しいくらい楽しいですね。ソフトがいくら得意でも女の人は、ソフトになることはできないという考えが常態化していたため、ソフトが注目を集めている現在は、共起語とはまさに時代が違うともいうべき変わり様だと思います。キーワードで比べる人もいますね。それで言えば共起語のほうが「レベルが違う」って感じかも。だけどそんなことは関係なく、すごいものはすごいです。
関西に引っ越して、土地を知るために何でも食べるぞと思っていたら、キーワードというものを食べました。すごくおいしいです。Cワード自体は知っていたものの、作成だけを食べるのではなく、キーワードとの絶妙な組み合わせを思いつくとは、作成は食い倒れの言葉通りの街だと思います。Cワードを用意すれば自宅でも作れますが、共起語をてんこ盛りにするドリーム企画ならいざ知らず、共起語の店頭で匂いに惹かれて買い、すぐに食べるというのがCワードだと思っています。含んを未体験の人には、ぜひ知ってほしいものです。
職場ではおとなしい私ですが、同じ趣味の友人とは腹を割って話しすぎて、先日、サイトに依存していてアブナイ人のようだと笑われてしまいました!Cワードなしには確かに、一日が成り立たないような気はしますが、上位だって使えますし、興味だったりしても個人的にはOKですから、ソフトに100パーセント依存している人とは違うと思っています。サイトを特に好む人は結構多いので、出を好きな自分というのを隠す必要は、ないでしょう。Cワードがダーイスキと明らかにわかる言動はいかがなものかと思われますが、Cワードが好きですと言うぐらいなら個人的な嗜好ですから気にならないでしょう。むしろ文章なら分かるという人も案外多いのではないでしょうか。
自他共に認めるロールケーキファンの私ですが、作成っていうのは好きなタイプではありません。関連のブームがまだ去らないので、作成なのが少ないのは残念ですが、キーワードだとそんなにおいしいと思えないので、ソフトのものはないかと探しているので、出会えた時は嬉しいです。Cワードで売られているロールケーキも悪くないのですが、Cワードがしっとりしているほうを好む私は、文章では満足できない人間なんです。共起語のケーキがまさに理想だったのに、Cワードしたのをあとから知り、いまでも残念に思っています。
食べたいときに食べるような生活をしていたら、Cワードが履けないほど太ってしまいました。キーワードのサイズがゆるくて買い替えなきゃなんて話をしていたのは2ヶ月前のことなのに、Cワードというのは早過ぎますよね。文章をユルユルモードから切り替えて、また最初からサイトをしていくのですが、共起語が途切れてしまうと、どうもヤル気が出ないんです。キーワードをいくらやっても効果は一時的だし、ソフトなんかしなくても同じ。食べたいものを食べるほうが精神衛生上いいような気がします。ありだと言われることがあっても、個人的な問題ですし、共起語が納得していれば良いのではないでしょうか。
幼稚園に上がる前は別として、私は小さいころからずっと、文章だけは苦手で、現在も克服していません。作成嫌いって、どこが駄目なのと言われたことがありますが、ソフトを見かけただけで、その場から逃げ出したくなります。キーワードでは言い表せないくらい、含んだって言い切ることができます。Cワードなんていう奇特な人がいたらお目にかかりた、、、いや、たぶん無理。Cワードなら耐えられるとしても、Cワードとなったら逃げます。逃げられないなら、泣きます。共起語の存在さえなければ、ソフトってまさに極楽だわと思うのですが、私自身が神にでもならない限り無理ですよね。
睡眠不足と仕事のストレスとで、作成を発症して、かれこれ1ヶ月くらいたちます。キーワードなんて普段ぜんぜん気にしていないのに、比率に気づくとずっと気になります。サイトで診断してもらい、文章を処方されていますが、Cワードが治らず、これで良いのか疑問を感じつつも、ほかに方法がないので続けています。共起語を抑えるだけでも感じがぜんぜん違うと思うのですが、共起語は悪くなっているようにも思えます。作成に効果がある方法があれば、上位でもいいから試したいほどです。いまでも困っているのに、これ以上生活に影響が出たらと思うと不安です。
地元(関東)で暮らしていたころは、Cワードだと関東と比較にならない面白いバラエティ番組がソフトのように流れているんだと思い込んでいました。ことはお笑いのメッカでもあるわけですし、含んにしても素晴らしいだろうといっをしてたんですよね。なのに、共起語に住んだら、地元ローカルのお笑いネタを散りばめた番組は多いんですが、ありよりぜったい面白いと言えるのはあまりなくて、Cワードに関して言えば関東のほうが優勢で、作成というのは昔の話なのか、あるいは盛りすぎなのかもしれませんね。ソフトもあることはありますが、期待しているとがっかりしますよ。
私は飽きっぽい性格なのですが、いまのところ共起語は結構続けている方だと思います。出だと言われるとちょっとムッとしますが、ときにはCワードですねとか、私もやろうかなと言う人もいて、全体的にはプラスです。ソフトような印象を狙ってやっているわけじゃないし、ソフトと思われても良いのですが、共起語と言われると、賞賛というほどでないにしても、「よし、がんばろう!」という気がしてくるんです。キーワードという点だけ見ればダメですが、しといった点はあきらかにメリットですよね。それに、共起語は何物にも代えがたい喜びなので、キーワードを続けてこれたのも分かるような気がします。たぶんこれからも続けていくでしょう。
夫はポケットにハンカチを入れたままにする癖があるので、洗濯のときに私がいちいち出すんです。そうしたらこの間はトップが出てきました。洗濯しなくて良かった?じゃなくて、「なにこれ」でしたよ。キーワード発見だなんて、ダサすぎですよね。文章に行くのは、その場の流れで断れないと以前言っていましたが、キーワードみたいなものが現実に出てくると、ムカッとしてしまいました。Cワードを食卓の上に置いていると夫は気づいたのか、Cワードと一緒だったから、楽しかったのは向こうだけだという返事でした。Cワードを家まで持ち帰る心境というのがわからないし、Cワードなのは分かっていても、腹が立ちますよ。Cワードを配るなんて、いったい何の気をきかせたつもりなんでしょうか。キーワードがここのお店を選んだのは、あらかじめ知っていたのかもしれません。
いつもはあまり流されないほうなのですが、ついブームに乗ってパクるをオーダーしてしまい、いま、ちょっと後悔しているところです。作成だと番組の中で紹介されて、比率ができるのが魅力的に思えたんです。共起語で購入したら多少はマシだったかもしれませんが、含んを使ってサクッと注文してしまったものですから、上位が我が家の玄関に届いたときには愕然としました。ソフトは配達の人が手渡すとき「だいじょうぶですか」というくらい、大きくて重かったんですよね。Cワードは番組で紹介されていた通りでしたが、Cワードを常時置いておけるだけの空間的ゆとりがないのです。しかたなく、キーワードはいましばらく押入れで眠ってもらうことにしました。
いまの引越しが済んだら、Cワードを買い換えるつもりです。文章は使い回しもできますが、新しくするとお部屋全体が生まれ変わったみたいになりますし、Cワードなどの影響もあると思うので、上位がインテリアに占める比重ってとても大きいと思うのです。キーワードの材質ひとつとっても、見た目・手入れ・通風性・防音性など様々なものがあります。リビングは共起語は耐光性や色持ちに優れているということで、上位製にして、横からの外光が入らないよう、横幅は窓より20センチずつ多めにしました。Cワードでも足りるんじゃないかと言われたのですが、作成を買ったとしても、メリットは初期投資の安さだけですよね。長く使うものだからこそ予算を決めて、上位にしたのです。そこでヘタに節約しようとすると低価格品と同じになってしまうので、当初のイメージを崩さないように気を遣いました。
近年よく見るようになった、小説や漫画を原作(原案)とした上位って、どういうわけか共起語を唸らせるような作りにはならないみたいです。ソフトの中身を精一杯濃縮して映像化しましたとか、サイトっていう思いはぜんぜん持っていなくて、上位に乗っかって視聴率を稼ごうという心構えですから、含んだって最小限で、主人公が男から女に変更になるなんてことも平気でやってしまいます。含んなどはいい例で、ファンによる絶望コメントで祭りになるほどサイトされてましたね。まともな制作会議、やらなかったのでしょうか。Cワードが悪いと言っているのではありませんが、少なくとも原作のカラーというものを尊重して、キーワードは普通の制作以上に注意が必要でしょう。それに、覚悟も必要です。
先日、ながら見していたテレビでパクるの効き目がスゴイという特集をしていました。Cワードのことは割と知られていると思うのですが、共起語にも効くとは思いませんでした。いっを予防できるわけですから、画期的です。キーワードということに気づいてから実用レベルまで漕ぎ着けた教授の行動力には驚きました。作成はどこでも誰でも飼育できるものではないと思いますが、作成に効果があるなら、やってみる価値はありそうです。共起語のゆで卵は無理ですが、卵焼きは気になります。共起語に乗るのはパワーがありそうで怖いからやめておきますが、サイトの背に乗っている気分は味わえるかもしれません。
スマホが世代を超えて浸透したことにより、キーワードは新しい時代をCワードといえるでしょう。作成が主体でほかには使用しないという人も増え、作成が苦手か使えないという若者もCワードといわれているからビックリですね。上位にあまりなじみがなかったりしても、Cワードにアクセスできるのがいっであることは認めますが、共起語もあるわけですから、しというのは、ある程度の慣れと注意力が必要でしょう。
スマホの普及率が目覚しい昨今、文章は新しい時代をCワードと考えられます。作成はもはやスタンダードの地位を占めており、ソフトがまったく使えないか苦手であるという若手層が作成と言われているのは、それより上の世代にとっては驚くべきことでしょう。比率に詳しくない人たちでも、Cワードをストレスなく利用できるところはキーワードであることは疑うまでもありません。しかし、共起語があることも事実です。Cワードというのは、ある程度の慣れと注意力が必要でしょう。
いまでは珍しいですけど、私が子供の頃は3人きょうだいの家庭もありました。特に一つ上の兄には共起語をよく奪われました。弱肉強食のオキテみたいな感じで慣れっこでしたけどね。共起語を手にしてニコニコしていると、すぐ上のが取りにやってくるんです。それで、興味を押し付けられるし、こっちは選択肢がないんです。比率を見るたびに、もやーっと不快な気分が蘇ってくるので、文章を選ぶのがすっかり板についてしまいました。共起語を好む兄は弟にはお構いなしに、作成を買い足して、満足しているんです。共起語を買うのは子供、なんていう先入観はありませんが、共起語より下の学齢を狙っているとしか思えないですし、Cワードが好きで好きでたまらない大人というのは、弟からすると微妙なものです。
久しぶりに思い立って、共起語をしてみました。文章がやりこんでいた頃とは異なり、しと比較したら、どうも年配の人のほうがキーワードと個人的には思いました。作成に合わせたのでしょうか。なんだかキーワード数が大盤振る舞いで、パクるの設定は厳しかったですね。Cワードがあれほど夢中になってやっていると、キーワードでもどうかなと思うんですが、サイトかよと思っちゃうんですよね。
表現ってよく、オリジナルとか創造とかいう言葉とセットですが、そう言いながらも比率があるように思います。キーワードは時代遅れとか古いといった感がありますし、含んを見たときには斬新でスマートな印象を持ちます。サイトだからといっても世の中に氾濫し、模倣が生まれるたびに、Cワードになるという繰り返しです。出を糾弾するつもりはありませんが、含んことで陳腐化する速度は増すでしょうね。キーワード特徴のある存在感を兼ね備え、チェックが望めるパターンもなきにしもあらずです。無論、比率はすぐ判別つきます。
電話で話すたびに姉がCワードは「もう観た?」と言ってくるので、とうとうソフトを借りて観てみました。Cワードのうまさには驚きましたし、Cワードにしても悪くないんですよ。でも、比率がどうも居心地悪い感じがして、キーワードの中に入り込む隙を見つけられないまま、ありが終了しました。最後のほう、かなり虚しかったです。キーワードはこのところ注目株だし、キーワードが面白いと言った気持ちに嘘はないと思いますが、共起語は私のタイプではなかったようです。
締切りに追われる毎日で、サイトまで気が回らないというのが、作成になっているのは自分でも分かっています。文章というのは優先順位が低いので、関連とは思いつつ、どうしてもCワードが優先になってしまいますね。Cワードの方は、相手にも事情があると理解を示すことはごく稀で、ソフトことで訴えかけてくるのですが、共起語をきいてやったところで、比率というのは無理ですし、ひたすら貝になって、関連に励む毎日です。
いろいろなものに興味を持つ私ですが、最近とくに注目しているのはキーワード関連なんです。親しい人は知っていると思いますが、今までも、パクるにも注目していましたから、その流れでCワードのこともすてきだなと感じることが増えて、作成の価値が分かってきたんです。文章とか、前に一度ブームになったことがあるものがサイトを皮切りにリバイバル的に人気が沸騰するというのは、よくあることだと思いませんか。上位もそうだと思うのですが、本来の価値が高いものは、時間がたっても人が放っておかないところがあると思います。内などという、なぜこうなった的なアレンジだと、文章みたいな残念な改変になってしまうこともありますから、Cワード制作に携わる人には注意を払っていただきたいと願っています。
物心ついたときから、キーワードが苦手です。本当に無理。Cワードと言っても色々ありますが、全部。もう全部苦手で、サイトを見かけただけで、その場から逃げ出したくなります。上位にするのすら憚られるほど、存在自体がもう共起語だと思っています。ありなんていう奇特な人がいたらお目にかかりた、、、いや、たぶん無理。キーワードあたりが我慢の限界で、共起語とくれば、いい年して泣いちゃいますよ。サイトさえそこにいなかったら、文章は大好きだと大声で言えるんですけどね。
スマートフォン使ってて思うのですが、しばしば表示される広告が、Cワードと比較して、含んが多い、というか、ぜったい多い気がするんです。共起語に比べて目線が集中するから思うのかもしれませんが、サイトというほかに、広告のあり方が問われると思うんです。含んがクラッシュしているという印象を与えようとしたり、Cワードに見られて恥ずかしい(というか絶対晒せない)Cワードを表示させるのもアウトでしょう。ソフトと思った広告についてはキーワードに設定できる機能とか、つけようと思わないのでしょうか。もっとも、Cワードを気にしないのが本来あるべき姿なのかもしれませんね。
気のせいじゃないと言われるかもしれませんが、比率を嗅ぎつけるのが得意です。ソフトが大流行なんてことになる前に、Cワードことが想像つくのです。文章が持てはやされている頃は品切れ・行列が当たり前なのに、上位に飽きたころになると、サイトが山積みになるくらい差がハッキリしてます。Cワードからしてみれば、それってちょっとキーワードだよなと思わざるを得ないのですが、共起語というのがあればまだしも、Cワードしかなくて。ほんとに何のための能力なんでしょう。
嬉しい報告です。待ちに待ったキーワードを入手したんですよ。文章は発売前から気になって気になって、共起語の前にうやうやしく並び(もうだいぶ人がいた)、キーワードを持っていき、夜に備えました。でも、朝の疲労と眠気のほうがつらかったかも。共起語というのは必ず他人との競り合いになると思ったので、共起語がなければ、Cワードを入手するのは至難の業だったと思います。比率のときはまさに非常時なので、明暗を分けるのは計画性でしょう。Cワードを手に入れたいという情熱だけで挑んでも、成果がないと虚しいじゃありませんか。いっを入手するポイントを上手に抑えるのも大事なんです。
アメリカでは今年になってやっと、ソフトが認可される運びとなりました。Cワードで話題になったのは一時的でしたが、比率だなんて、考えてみればすごいことです。Cワードが多勢を占めている国でこうした決議がなされたというのはまさに、Cワードを大きく変えた日と言えるでしょう。キーワードだって、アメリカのようにソフトを認めるべきですよ。比率の人たちの願いが遠からず叶うと良いですね。共起語はそのへんに革新的ではないので、ある程度のソフトがかかると思ったほうが良いかもしれません。
卒業してからも付き合いのある友人とLINEしてたら、ありにハマりすぎだろうと指摘されちゃいました。上位がなくても生きてはいけますが、いつまで耐えられるかな(笑)。まあ、サイトだって使えないことないですし、ソフトだったりしても個人的にはOKですから、Cワードにばかり依存しているわけではないですよ。ソフトが好きという人って珍しくないですよね。割と聞きますし、キーワード愛好者がそれを伏せるというのは、個人的には「なにもそこまで」と思うんです。Cワードが好きすぎてたまらない!なんてアピールすることはないまでも、Cワードって好きなんですと言うだけなら別に珍しくないですし、ソフトだったら分かるなという共感を呼ぶ場合もあるかもしれませんね。
視聴者の人気がものすごく高くて話題になったCワードを私も見てみたのですが、出演者のひとりである上位のことがとても気に入りました。共起語に出演したのをみたときも、スマートで知的な笑いがとれる人だと上位を抱きました。でも、ソフトみたいなスキャンダルが持ち上がったり、Cワードとの別離や本人と周囲のトラブルなどに詳しくなると、共起語に抱いていた憧れは吹き飛んでしまい、逆に上位になりました。ソフトですから、電話以外のベストな方法で別れ話をするべきでしたね。上位に悪いとは感じなかったのか、その神経を疑います。
関東から引越して半年経ちました。以前は、Cワード行ったら強烈に面白いバラエティ番組がページのように流れているんだと思い込んでいました。含んといえば、やはり笑いのメッカというべき劇場もあるわけだし、ありもぶっ飛んだハイレベルなんだろうなとしが満々でした。が、サイトに住んだら拍子抜けでした。ローカルタレントの出る番組はたしかに多いですが、キーワードと比べて特別すごいものってなくて、文章なんかは関東のほうが充実していたりで、Cワードというのは昔の話なのか、あるいは盛りすぎなのかもしれませんね。キーワードもありますが、あまり期待しないほうが良いですよ。
よくある「無人島」ネタですが、もしひとつだけ持っていけるのなら、ソフトは必携かなと思っています。共起語もアリかなと思ったのですが、共起語だったら絶対役立つでしょうし、ソフトはおそらく私の手に余ると思うので、上位を持っていくという選択は、個人的にはNOです。含んを薦める人も多いでしょう。ただ、キーワードがあったほうが便利だと思うんです。それに、Cワードということも考えられますから、Cワードを選んだらハズレないかもしれないし、むしろいっが良いのかもしれないとか、悩んでしまいますよね。
病院ってどこもなぜソフトが長くなるのでしょう。ソフトをすると整理券をくれて、待ち時間の目安にできる病院も増えましたが、酵素が長いことは覚悟しなくてはなりません。作成は様々な年齢層がいますが、子供はその活発さが目立ち、絶不調のときなんか、Cワードと腹の中で思うことがたびたびあります。でも、ソフトが笑顔で話しかけてきたりすると、Cワードでもいっときの辛抱だしなぁなんて思うから現金なものですよね。いっの母親というのはこんな感じで、キーワードから不意に与えられる喜びで、いままでの含んが解消されてしまうのかもしれないですね。
自他共に認めるロールケーキファンの私ですが、いっというタイプはダメですね。Cワードの流行が続いているため、Cワードなのはあまり見かけませんが、こうなどは自分的にこれおいしい!っていう感じじゃなくて、文章のタイプはないのかと、つい探してしまいます。比率で販売されているのも悪くはないですが、作成がしっとりしているほうを好む私は、文章では満足できない人間なんです。いっのものが最高峰の存在でしたが、酵素してしまいました。どこかに理想のケーキを出す店はないですかね。

————-Cワード記事ここまで————-

どうです?面白い文章ですよね(笑)

日本語の文章としてはおかしなところだらけですが、キーワードや共起語を山ほど散りばめてあるので、これが上位表示に効くんです。

Googleは機械ですから、文章の整合性を理解することはできません。

そのページに価値があるかどうかは、キーワードや関連ワード(共起語)、記事タイトルや見出し、PVや滞在時間、被リンクの数や質などから機械的に判断しています。

なので、『Cワード』で共起語をこれでもかと詰め込んだ文章が、SEO対策としてバッチリ効果があるという訳なんですね。

ただし、当然この文章を人間が読んだら「???」となりますから、これをどう使うのかが重要になってきます。

活用方法は色々ありますが、代表的なものとして下記が挙げられるでしょう。

中古ドメインの当たり外れをチェック

中古ドメインを買い漁る⇒サイトそれぞれに同キーワードで作ったCワード記事をアップ⇒順位の良いものを選定し、一番順位が高いサイトをメインに、そこそこのものをバックリンク用に。

新サイトの補強用

作ったばかりのサイトは記事数が少なく弱いため、Googleのインデックスを促すブーストとして取り敢えずCワード記事を入れ、後から順次通常の記事に入れ替え。

記事の下に入れておく

順位を上げたい記事の下にテキストエリアなどのタグで囲ったCワード記事を入れ、順位上げの起爆剤として使う。

どのパターンで利用する場合も、検索順位チェックはGRC を使いましょう。

※GRCって何?という方はこちら

ちょっと教えすぎた感がありますけど、

Cワードは様々な用途に使え、検索順位を上げるSEO対策用ツールとして非常に優秀なのがご理解頂けたかと思います。

\ Cワードの効果を体感! /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

共起語文章作成ソフト@Cワードの使用感・レビュー

実際に『Cワード』を使ってみた感想として、

  • 見た目がシンプル
  • 操作が簡単
  • 挙動が軽くて速い

ということが挙げられます。

凝ったデザインの無いアッサリした見た目、凄いツールという雰囲気は全く感じられないのに、いざ操作してみると驚くほどの速さで1万字以上の文章が吐き出されるので、最初に使ったときはビックリしました。

ボタンをポチポチ

ほい、終わったで~(出力)

え?もう終わり??

1万字以上の文章がド~ン!

…ちょっとした感動を覚えますよ、これ。

とにかく操作が簡単で、文章の出力が速いです。

マニュアルもありますから、あまりツールを使ったことがない、上手く使えるか不安だという方も、絶対に迷うことなく利用できます。

\ 誰でも簡単に操作可能! /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

Cワード 通常版とEXの違い(比較)

共起語文章作成ソフト@Cワード』のバージョンは2種類。

「通常版」と「EX」があります。

どちらを買えばいいか迷う方もいらっしゃるでしょうから、下記にそれぞれの違いをまとめた比較表を置いておきます。(と言っても、違いは二つしかありません)

購入を考えている方は、この比較表を参考にしてください。

通常版 EX
価格 14800円(税込) 29800円(税込)
一度に作れる記事数 1記事 何記事でもOK
(100でも500でもPCの性能次第)

上記二つ以外、その他の機能は全く同じです。

EXのほうが15,000円高い分、一度に作れる記事の数に大きな差がありますね。

なので、一度に作れる記事に制限が無いならEXを買おうかな…と考える方もいるかもしれませんが、実際のところ、安い通常版を購入すれば全て事足ります。

一回に一記事しか作れないといっても一記事の作成にかかる時間は参考サイト選びから含めても数分ですから、複数記事の作成も全く苦ではありません。

Cワード 通常版とEXの違い

通常版とEXの違いは、一度に作れる記事の数と価格だけ

どうしてもEXが良いという方以外は、お買い得な通常版をおすすめします。

\ Cワード通常版はこちらから /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

『Cワード(通常版/EX)』の使い方&レビュー 最後に

共起語文章作成ソフト@Cワード』は、一度使えば誰でもその凄さがすぐに理解できる、控えめに言っても素晴らしいツールです。

まあ、だから今まで教えなかった訳ですが…(苦笑)

私が初心者の頃に先輩アフィリエイターや先輩ブロガーから教えてもらって今こうして不自由ないくらい稼がせてもらっているので、今度は私が恩返しというか教える番かなと思い、今回紹介することにしました。

あなたがCワードを使ったら、間違いなくこう思うでしょう。

「今まで初期記事作成に使った労力や外注に払ってたお金は何だったの…」

「もっと早く使っておけばよかった…」

あなたに対し確実に伝えられることは、楽に効率的にアフィリエイトサイトを量産したいならCワードを使うべきです。

使うのが早ければ早いほど、

時間とお金を無駄にしなくて済みます。

まだ気付いていない人より、

時間とお金を節約できます。

使っていない人よりも、

有利にサイト運営を行えます。

お金を稼ぎたいですか?

ライバルに勝ちたいですか?

少しでもをしたいですか?

YESの方のみ、使ってみてください。

\ Cワードを使ってみる /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

※2019/5/27追記

たまには近況などを。。

現在も『Cワード』は絶賛稼働中。

わたしはステマでも何でもなくCワードが本当にお気に入りなので、一昨日も昨日も使いましたし今日もこのあと使います。

そして明日も使うでしょう。

アフィリエイトを行ううえで、もはや欠かせないツールです。

本業(サラリーマン)では管理職として一部署を切り盛りしていますが、兼業でもアフィリエイトは工夫次第で問題なく結果を出せます。

兼業サラリーマンが数十サイト運営できるのも、『Cワード』のおかげ。

ホント、便利ですよ。

\ 時間を有効に使いませんか? /

共起語文章作成ソフト@Cワード >>

※最後にマル秘情報…

ここまで読んで頂いたあなただけに、商材選びに関するマル秘情報をお教えします。

アフィリエイトをする際にもっとも大切なことの一つは「商材選定」です。これを間違えると、せっかく時間と労力をかけてサイトを作っても全く稼げません。

そんな「商材選定」を楽にしてくれるのがA-HACHI Search(エーハチ・サーチ)

A8.net に星の数ほどある商材のなかから、EPC50以上の商材を自動で見つけてきてくれます。

なるべく効率的に稼ぎたい方は、試してみる価値あり。

公式サイト⇒【バカ売れ商品発掘ツール】A-HACHI Search(エーハチ・サーチ)

気付いちゃいました?

こんなところまでスクロールしてくれたあなただけにお伝えしますが、実はもう一つすごいツールがあるんです。。

それは「COMPASS」

アフィリエイターであれば欠かすことのできないSEOチェックをラクラクにしてくれるので、気になる方は公式サイトをご覧ください。

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

ここまで読んだあなたは幸運ですよと、先にお伝えしておきます。

アフィリエイト・サイト運営を成功させたい方向け

【厳選おすすめ】直ちに登録すべきアフィリエイトASP一覧
自動記事生成ツール『Cワード(通常版/EX)』の使い方&レビュー
WPテーマはここから選べ!おすすめテンプレート9選
A8.netの動画アフィリエイト『ViiBee(ビービー)』とは?
初心者でも超簡単!『バナープラス』でプロっぽいバナー&ヘッダーを作成

30日間以上の無料体験が可能なネットサービスおすすめランキング
  • Audible(オーディブル)

    本は聴く時代!?「忙しくて読書する暇がない…」そんなあなたにピッタリなのがAmazon Audible(オーディブル)です。いま30日無料体験に登録すると1冊プレゼント!一切お金をかけずに最新サービスを体験可能。通勤や家事をしながら読書できちゃう楽しさは一度味わってみると病みつきになりますよ。非常におすすめです。
  • U-NEXT(ユーネクスト)

    14万本の動画(映画/ドラマ/アニメ)が見放題!無料体験が1ヶ月(31日間)もあるので、あれもこれも嫌になるくらい動画が見れます。さらに42万冊以上の書籍/漫画/ラノベ、70誌以上の雑誌も読み放題。まだ未体験の人はもったいないので登録しておきましょう。
  • Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)

    130万冊以上のKindleコンテンツ(小説/漫画/ビジネス/実用書/雑誌/洋書など)が読み放題!ほかの電子書籍サービスとは一線を画す圧倒的な無料本の数…しかもスマホやタブレットで読めちゃう点も嬉しい。。1ヶ月に2~3冊以上の本を読む人なら絶対に損をしない神サービスです。
こちらの記事もおすすめ!